スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

バタバタ・・・・

wales


昨日はGCSEのリスニングとリーディングの試験でした。 

つい2ヶ月ほど前に知らされたのですが、今年の生徒の中に
方耳が聞こえない子がいました。 
本人も何も言わないし、9月から全く普通の子達と同じように
リスニングの指導もしてきたので、知らされた時は本当に
驚きで、初めは冗談いわれたのだと思ったくらいです。

話し合いの結果、彼にはテープを聞かせるのではなく、
私とアシスタントの子とで本文を読み上げてリスニングの
試験を決行するという段取りになりました。

勿論、そのテープの本文は試験を発行している機関から送付される
という手配になり、私はその本文を受け取った後、
テープと同じ間合い、スピードで読み上げられるように
準備をしておこうと頭にいれていました。

はい、ここまでは初体験の事という以外、普通の話です。
ここからが、イギリスという国のお国柄?(嫌、日本という行届いた
国)が見えるところです。 

2週間前に、私はふと思いました。
「ここはイギリス。確認をして、し過ぎることはないはず。」

早速、試験の書類担当の所へ行って、書類が到着しているかと
聞いてみました。 ところが、彼女は私が何のことを言っているのか
さっぱり理解不能な様子。

そこで、話合いをした担当の先生の元へ行き、事情を話して
催促してもらうようにしました。

翌週、彼女から直接「書類は送付手配済み、但し、速くても
木曜日にしか、届かない。」との連絡。

なので、「まあ、木曜日まで待ちましょう。」と一安心。

さて、木曜日になり、「速くても木曜日」と言われたことを
頭におき、あえて何もふれずにその日は帰宅。

そして、金曜日。「流石に今日確認しとかないと、月曜日は試験だし。」
と思い、朝一番に担当の人に確認。 
案の定、書類は届いておらず、郵便が来るかもしれないから
午後に来て、と言われて、立ち去りました。

それから、午後。再び、彼女の元へ。 でも、今度は彼女が早退した
とかで、誰も郵便が来たかどうかすら分からない状態・・・

「悩んでも仕方がない。」ので、そのまま帰宅しました。

そして、試験当日の月曜日(昨日でした)。
勿論、朝一番に担当の所へ確認。
ところが、書類はありませんでした。(はい、ご想像通りです。)
郵送手配済みってどういう状態で言うのでしょうね?

まあ、それはさておき。 「試験は午後一時から。」という事実を
その後、ようやく、みなさん、把握されたらしく。。。 
手配担当の人が試験の機関へと電話やらFAXやらで連絡を取り始め、
書類が無事FAXされてきたのは正午の事でした。

私はそれをコーピーして、結局前もって細かな打ち合わせすることも
なく試験を決行するという、なんとも無謀な形となってしまいました。

それにしても、やろうと思えばできるのに、何で前もって「軌道に乗せる」
ということができないのだろう???と日本人の私は今でも
ブツブツ思うことがあります。

まあ、イライラしなくなっただけでも、良しとしましょうかね?



wales2


It was GCSE listening and reading exam yesterday.
I have a half deaf student this year. I only fond out two months ago.
My student has never told me and I treated him as same as the others.

After we discussed, we decided that an assistant teacher and I would
read out for him, rather than letting him listen to the tape.

The head of support teachers arranged that the exam board would send a transcript for us before the exam so that I could get ready for the exam.

About two weeks ago, suddenly I though
'well, this is England, its worth for me to check if the transcrip
has already arrived, just in case.'
so I did. but there was no transcript.

I went back to the support teacher about it and she again ensured that the exam board would send it soon.
The board said to her that it would be sending soon,but it wont arrive at earliest next Thursday.

I went to check it on Friday, because they said at earliest Thursday.
And there was still no transcript and the exam was following Monday.
But what could I do? I just went home. (this is England!)

On Monday(yesterday) I went to the exam office in the morning.
and there was still no transcript. I reminded them that the exam was from 1pm.
Somehow they realised that we didnt have much time left.
She rang the exam board but they didnt answer.
She sent fax and finally at 12 oclock the transcript was sent by FAX.

Obviously I didnt have enough time to prepare for it.
At least we could have finished the exam.
I hope it worked ok for my student.

This can happen! This is England!!
but also this can be sorted at the end! This is England!!!

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

ん~。
相手の立場に立ってものを考えるということが
あまりないのでしょうか。
その取り寄せる人がどこまでの状況を把握していたのかわかりませんが、
tamaちゃんたちがなるべく同じ状況下で試験できるよう、
整えてあげたいと思ったように、その子のことを考えたら遅くとも
金曜日までに整えておくのが普通だと思うのです。
イギリスでは通用しないのかもしれないけど。
それとも、障害を持った方も一般の方と同じように接するという
方針なのでしょうか。それなら好感。
環境が悪いのは考えものですが、
過剰に反応するのも私がその子の立場だったら
普通が一番だなと思うから。
しかし、普通にするとしてもその対応は遅すぎですな。

tamaさん、お疲れ様でした~。生徒さん、よい結果になっているとよいですね。

イギリス人と仕事をしていると、「大丈夫かな。。」ってどきどきすることってありますよね。でもなぜだか結果はきちんと収まっていて、彼らからは「ほらね、大丈夫でしょ」といわれている気がする。。。


すごいギリギリだった様子ですね。
そりゃーtama先生も気が気じゃなかったでしょう~~v-12
お疲れ様でした!!!

 大変でしたね。日本でそんな事だったら、大問題ですよね。 
 でも、その日本のあまりにも丁寧すぎる(?)事に疑問を感じてます。いつもきちんとしてるから、手違いがあった時って、たちまちパニックですもんね!
 日本人には、おおらかさが足りないなぁーって思いますよ。

りんさん

現場にいる経験から学習障害のある子や
身体障害者、及び外国人、英語を母国語としない学生へのサポートは、イギリスの方が
はるかに日本より進んでいると思います。

今回の件は、あきらかに事務手続きの連絡の
悪さの表れですね。 
その視点からいくと、「相手の気持ちになって」という
考え方は100%ないと言っていいでしょうね。

まあ、結果的には無事に終了したので
良いのですよv-411

Chi-san

有難うございます~。
そうなんです。 結果良しなんで、
いいんですよね。

本当にいっつもそう思います。

noelさん

そう、ある意味、とっても面白かったです。
ただ、やっぱり何も言わずに放っておけない
のが、やっぱり私はv-496日本人
だなあって思います。

スペイン人だったら、全く気にしてないはずv-502

manuさん

同感ですv-63 
日本で間違いおこすとかなりヒンシュクかいますよね。
特に仕事上とかになると、間違いは許されない。

この環境にいると、間違っても必ず
救いの道がやってきます。
誰もそれを責めることもないですし。

まあ、どっちがいいかなんて、そんなことは
話題にしないどきましょうねe-49
line

ページ探し

お気に入り 

最近のトラックバック

只今の時刻

line
プロフィール

tama

Author:tama
なんだか、最近、
仕事のほうは力抜いて
やっていこうかなあ
と言う気分です。
(手抜きじゃあないです)

line
リンク
line
カウンター
line
最近の記事
line
最近のコメント
line
カレンダー
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
コメント別
  • バタバタ・・・・:8
  •  >りん
  •  >Chi-san
  •  >noel
  •  >manu
  •  >tama
  •  >tama
  •  >tama
  •  >tama
  •  >りん
  •  >Chi-san
  •  >noel
  •  >manu
  •  >tama
  •  >tama
  •  >tama
  •  >tama
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。