スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

お薦めの本

今日は英語を勉強しているみなさまへの更新です☆

英語の本を読まれたことはありますか?
私が初めて読んだ英語の本は「The Secret Garden」でした。
勿論、話の内容は日本語で読んで知っていましたが、
当時の私にとっては内容を知ることよりも
英語で一冊本を読み切るということのほうが目的だったので
読み終えたときの達成感は今でも忘れません☆

ある程度、英語が理解できるようになったら
英語の本を読むことをお薦めします。

こちらは、英語で本を読んだことがある人。
もしくは、読んでみようかなあと思っている人に
お薦めしたい1冊です。
DSCN2574.jpg
タイトルは「The Curious Incident of the Dog in the Night-Time」
作者は「Mark Haddon」
15歳のクリストファーというアスペルガー症候群の男の子の視点から
書かれた推理物(?)です。

私はこのクリストファーに心をグ~とつかまれました☆
身近にアスペルガー症候群の学生がいたというのもあったと思いますが、
とにかく読んでみてください。

自閉症は、特に名称のせいか日本では間違った知識が普及しているように思います。

そして、15歳の男の子が書いた設定になっているので、英語も簡単で読みやすいです。
是非是非、挑戦してみてください☆
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

英語の本って読むのに時間がかかるので、なかなか完読できません(^_^;)
先日も「Pride and prejudice」を買ってみたんですが・・・テンテンテン。。

自閉症のリハビリはSTが扱う分野でもありますが、日本ではホント誤解が多いですよね。そういえば、コベントリーで中学生の自閉症の男の子と仲良くなったことを思い出しました。その本、ぜひ読んでみたいです☆

タマさん

「Pride and prejudice」! 凄いですね~ 
私は「Sense and sensibility」を買って安心してます(笑)

絶対、クリストファーの方が読みやすいですよ☆
私は新しい世界が広がりましたもん。
お薦めです!!
line

ページ探し

お気に入り 

最近のトラックバック

只今の時刻

line
プロフィール

tama

Author:tama
なんだか、最近、
仕事のほうは力抜いて
やっていこうかなあ
と言う気分です。
(手抜きじゃあないです)

line
リンク
line
カウンター
line
最近の記事
line
最近のコメント
line
カレンダー
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
コメント別
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。