スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

ウイーン(カフェ編)

ウイーンはカフェ発祥の地なんだそうです。ウラヤマシイ。
ということで、カフェ三昧な六日間でした。


カフェ

〔Cafe Schwarzenberg〕
リンク(ウイーンの市街を巡っているリング状の道路)で一番古いカフェ。
ここで、特製ケーキを頂きました。天井が高くて、素敵な建物。


カフェ2

〔Kaffee Alt Wien〕
ここは現地の大学生などが集まる、もっとカジュアルなカフェ。
ここで、Sちゃんの現地の友達に会いました。 
思わず、大学時代の喫茶店を思い出しました。。。


カフェ3

ここはHundertWasserの美術館のカフェ。
Nobbyさん・タケさん・・お見せしたい写真があります☆


カフェ4

〔Mozart〕
オペラ座へ行く前に、腹ごしらえしました。 
やっぱり、ちょっと高級なカフェでした。


カフェ5

〔Spel〕
ここです☆ドイツ語だけで過ごしたカフェ。内装こんなんです↓

カフェ6

Sちゃん曰く、ヒトラーも通ったカフェだとか。


カフェ7

名前をおさえ忘れました。すみません。

ここでアップルシュトゥーデルを食べました。


カフェ8

〔Central〕
ピアノの生演奏があってました。ケーキがおいしかった。


カフェ10

〔Hawelka〕
この旅の最後に行ったカフェ。日本で買ったガイド本には
「改装を拒み続ける伝統のカフェ」とありましたが。
ウイーン人から聞いたSちゃんの話では、
このカフェウイーン人には語り継がれているカフェらしいです。

第二次世界大戦中、ナチスに追われたユダヤ人をこのカフェの店主夫妻が
地下にかくまっていたとか。当時、オーストリアはドイツに占領されていました。
そんな危険な中、命をかけてユダヤ人を救ったことが、戦後のウイーン人の
間で口伝えで広まり、芸術家等でにぎわうようになったとか。
その店主夫妻はその後も静かにこのカフェを開き続け、
毎晩8時になると奥さんが翌日ようのケーキを作り出すことでも
しられていたとか。 因みにこのカフェにメニューは見当たりませんでした。

残念なことに、その奥様は昨年の12月に他界されたとのこと。
でも、私が足を踏み入れたそのカフェの奥に、新聞を片手にした
おじいさんが・・・思わず感動で、立ち止まって見つめてしまいました。
あわてて、お辞儀したら、黙ってうなずいてくれました。

ということで、このカフェが私の一番のお気に入りです☆

カフェ9

店内はこんなん↑でした。
音楽もなにもない、くら~い、時の止まったようなカフェでした。



I spent a lot of time in cafes in Vienna, as I love tea break.
Here are all cafes I have been.
I wish we could have these cafes in Manchester. It must be great.

My favourite cafe was Hawelka. My friend,Sarah took me on the day I left.
It was a very old cafe which has a great story behind.
I saw an owner,who must be in 70s or 80s.
I just could not take my eyes out of him.

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

お帰りなさい!

ウィーンか・・・。
いいですねぇ。

私も一度行ってみたいです。

ちなみに、貴女がウィーンに行っておられるときに、ウィーン繋がりが二人くらいありました・・・。
たまたま・・・みたいですけどね。

おかえりなさーい☆

ウィーン、満喫されたみたいですね!
素敵なカフェめぐり、羨ましいな。ヨーロッパのカフェって、様々な歴史があってそれに伴うストーリーがあって。いいなー。まだまだ旅のお話ありそうですね。次も楽しみにしてます!

すてきなCAFE巡り~
キレイなところ
ケーキのおいしいところ
楽しそうなところ
リッチなところ
時間がとまったようなところ
どれもいいですねー。
ちょっぴり私もお伴した気分です。

へいたらうさん

そうなんですか?ウイーン繋がりですか?
物知りなへいたらうさんが行かれたら、
もっと感慨深いところだと思います。
第二次大戦とか、ナチス軍とか、ドイツに占領されたとか、
そういうイギリスにいるとあまり耳にしない
言葉を度々聞きました。

オーストリア人としての誇りを感じました。

manuさん

ただいまあ☆
ウイーンには、イギリスには存在しないお洒落な
女の子がチラホラいました。 
スタイリストなmanuさんと一緒だったら、
どこで髪切ったんですか?とか聞いちゃったかもe-411

シモーヌさん

そうなんですよ。本を片手に人間観察してました。
至福の時。

一つ、残念なのは喫煙者の街なこと。
み~んな、e-191プカプカしてるんです。
これだけは、マンチェスターの方がe-177進んでいます。
line

ページ探し

お気に入り 

最近のトラックバック

只今の時刻

line
プロフィール

tama

Author:tama
なんだか、最近、
仕事のほうは力抜いて
やっていこうかなあ
と言う気分です。
(手抜きじゃあないです)

line
リンク
line
カウンター
line
最近の記事
line
最近のコメント
line
カレンダー
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
コメント別
  • ウイーン(カフェ編):6
  •  >へいたらう
  •  >manu
  •  >シモーヌ
  •  >tama
  •  >tama
  •  >tama
  •  >へいたらう
  •  >manu
  •  >シモーヌ
  •  >tama
  •  >tama
  •  >tama
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。