スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

イギリスの悪口

さて、よその土地で生活していくということは、
良くも悪くもその土地の文化や仕組みを理解し、受け入れていくということです。

勿論、好きで選んだこの国、イギリスにだって
山ほど、嫌なことがございます。 

今日はそんな嫌な気持ちを味わった、ストレスいっぱいの一日でした。

実は数週間ほど前、8年ほどお世話になったノート型PCから
新たにMacBookを購入しました。 
そして、そのついでにネットの接続をワイヤレスに変えようと
気軽に思い立ち、プロバイダーへ電話を入れ、手際よく
ワイヤレスのキッドが送られて参りました。

ここまでは、この国にしてはスムーズなサービスで、ちょっと
感心したほどでした。

ところが。 

問題はここからです。 インストールは自分でできるようになっているのですが。
送られて来たキッドについていたCDがPC向けのもの。。。
いやあな予感はしましたが。 前向きに、電話で確認とってみよ☆と
思い立ち。 受話器を手にしたのが今朝のことです。

10時ー電話はコールセンターにつながりました。そして、でてきた人はインド訛の女性。
要領を得ない私は、悪戦苦闘の末、なんとか彼女に意思を伝え、担当の人につないでももらうことに。 

二人目ーつながれた担当の人(のわりには私が誰かも把握してません。これ普通な出来事です。この国で)そして、またしもインド人。 したがって、一人目の時と同じように自己紹介をし、詳細の質問に答え、
又、始めから用件を伝えます。 そして、彼女の説明にそって、ケーブルをつなぎました。
その時、彼女が「じゃあ、インターネット エクスプローラーを開いて」と一言。
なので、私は「これマックなんで、サファリです。」と情報を再度伝えると。
「あら、私はPCしかわかりません。マックはこちらの電話番号へ」と
別の番号をもらい。

その電話番号に電話。。。 ところが「現在使われておりません」

再び、先ほどのコールセンターへ電話

3人目ーインド訛りの男性。また、最初から始まります。自己紹介、情報確認、用件。
そして、またまた、担当の人に回され。。。

4人目ーインド訛りの男性。またまた、最初からやり直し。たいがい、疲れた私は皮肉をもらし。マックの電話先を無理矢理聞き出しました。

マックへ電話ー英語訛の男性。 ここは当然、自己紹介から、用件まで言い直し。
マックの彼は親切で、彼のできる範囲でサポートしてくれましたが。
問題は解決されず。 結局、プロバイダーにパスワードを聞くようにといわれ、会話終了。

この時点で11時15分。 今日はでかける用事があったので、家をあとに。

夕方5時。
再び、例のコールセンターへ電話。
5人目ーインド訛りの女性。 自己紹介、情報提供、用件。 そして、担当の人にトランスファー。

6人目ーインド訛の男性。 再び、始めからやり直し。念おしでマックです、というと。担当に変わります。

7人目ーインド訛りの男性。 この時点で私の忍耐力には限界が。。。とっても感じの悪い顧客になり。ほとんど、怒り口調で「一体どこまでたらい回しする気ですか?」という意味ありげの言葉を告げると。。。 男性「これは私の担当ではないので、暫くお待ちを。。。」

8人目ー英語訛の男性。しかも、彼の電話口はとても静かで明らかにコールセンターではない。
しかも、英語がわかりやすい☆ し、名前は簡単。 ポール。
思わず、ポールに愚痴ってしまいました。 「あなたはイギリス人だよね? コールセンターはインドですか? たらい回しにされた上、私にはかなり理解しにくい英語で、むこうも私の英語はわからんし、 かなりストレスたまった!」と
するとポールは「大変申し訳ない。でも、僕がいるから大丈夫。つなげよう」と
心強い言葉。 聞いてみれば、かれはリバプールにいるのだとか。
リバプール訛でもわかりやすいと思えてしまえた私の耳。。。
ポールとは20分近く、悪戦苦闘し。 ポールが申し訳なさそうに
「残念ながら、僕にできることは全部やってみたけど、どうやらマックに問題があるのかもしれない。是非、マックに連絡してみてください。」と。
大切なパスワードをもらい。電話をきりました。

マックに電話ーデンマーク人の彼。(私はてっきりスコットランド人かと思った)
彼も辛抱強く操作してくれましたが、結局はモデムに不備があるのでは?と会話終了。

再び、プロバイダーへ電話。
9人目ー又、インド人。 最初からやり直し。向こうにだって記録が残っているはずだし、と少し強気に今日、電話かけ続けてるのに。。。と愚痴り。担当に交代

10人目ーインド人女性。 たいがい疲れ果てた私は、きれてました。この時点で。すると彼女、「私は担当外なので。。。」と又また、転送。。。

11人目ーイギリス北部訛の女性。 申し訳なかったですが、彼女がでてきた時点で私の怒りは頂点に達していました。 それを察した彼女。手際よく必要な情報を聞き出し。
でてきた答えはなんと「当社ではマック対応のワイヤレスはまだ出してないので、それは使えません。」
即座に出て来た私の答えは「Thank you for telling me that!」(嫌みではなく)
な~んんだ。それならそうと始めっから言ってくれれば、「はいそうですか。」で
すんだ話を。。。 と悔しかったから、気がついたときにはぜ~んぶ声に出して
彼女にぶちまけてました。 
そして、彼女は親切に返送先の住所を教えてくれて。そしたら、マンチェスターはウィジンショー(なんてローカル)

もう、涙がこみ上げてきました。

最終的には、現在使用してるモデムをマックに対応させてもらうということで、
最後の12人目ーインド訛りの男性。 そして、またしても同じ質問をしてくる。。。
なので、又、発狂。でも、向こうも仕事なので情報は確認してきます。
そして、次の瞬間。 ネットがつながったあああああ。

彼が社交辞令で「他に何かありますか?」と言ってきた時も
もんもんとクレームをつけた私です。


line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

大変やったね~。でも私が感心したのはすべてを詳細に覚えてる(記録?)こと。しかも根気強いこと。わたしだったら途中で投げ出してる~。日本にいたって、その土地で馴染めないことはたくさんあります。異国でたくましく暮らしているTAMAちゃんにあっぱれ。

凄い。。。
なんてコメントして良いやら

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

あるある...

PC絡みのコールセンターは日本でも状況は近い・・・がtamaちゃん、たらい回しされすぎe-263

バリムカつくねe-262

お疲れちゃんでしたe-351

読んでただけでイライラしました。あ~イライラ。

どんちゃんさん

ふっふっふ。 鋭いご指摘でございます! 
実は昨日の朝、受話器を手にとり、インドのコールセンターへつながった瞬間に
こうなる覚悟を決めました。(それは経験上です) なので、電話をつながれるたびに
正の字をつけていったと~ そうでもせんと、やっとられん!
で、ほら、案の定。よいお題になったやろ?

一人やけんねえ。自分で解決せんと誰も助けてはくれんけんねえ。
昨日しか時間もなかったんで。ねばったよ。

餃子、おいしそうやった☆

Necoさん

昨日は、勢いで書いたので、とっても偏った文章になったんで。
インドのコールセンターの皆様の名誉のために補足しておくと。
皆さん、とっても丁寧でマニュアル道理に仕事をこなしているんだよ。
なんで、王道なトラブルシューティングだったら問題ないはずなの。

加えて、私の知識不足というのも忘れないように!!

鍵コメさん

いやああ。 今日は知恵熱がでとります!

NakaSyan

有難う☆ 電話はだけん苦手やん。。。
大阪でもカルチャーショックあったやろ?

ミーコさん

はこの状況、結構わかるでしょ?

こういう時は笑い話にするしかないね~

お疲れ様でした^0^:

そうかv-15

私以外にも、どんちゃんがいるのね・・・

では、次から、「夢やのどんちゃん」にしましょう^0^

夢やのどんちゃんさん

すみませ~ん。
それ。 「どびんちゃん」ですね。 大変失礼いたしました。

明日、ボブ氏夫妻にあいます。
line

ページ探し

お気に入り 

最近のトラックバック

只今の時刻

line
プロフィール

tama

Author:tama
なんだか、最近、
仕事のほうは力抜いて
やっていこうかなあ
と言う気分です。
(手抜きじゃあないです)

line
リンク
line
カウンター
line
最近の記事
line
最近のコメント
line
カレンダー
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
コメント別
  • イギリスの悪口:12
  •  >どびんちゃん
  •  >Neco
  •  >-
  •  >NakaSyan
  •  >ミーコ
  •  >tama
  •  >tama
  •  >tama
  •  >tama
  •  >tama
  •  >どんちゃん^0^です
  •  >tama
  •  >どびんちゃん
  •  >Neco
  •  >-
  •  >NakaSyan
  •  >ミーコ
  •  >tama
  •  >tama
  •  >tama
  •  >tama
  •  >tama
  •  >どんちゃん^0^です
  •  >tama
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。