スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

ブルガリアの旅 三日目

さて、お祭り二日目は主催者(友人)の故郷ピレン村で行われました。

ということで、ミニバスでたどり着いた秘境がこちら。

タラ~ ピレン村です。 

では、ピレン村の様子をごゆっくりどうぞ。
ここは一体21世紀の村なのだろうか?? と思えてしまうくらい時間がすっかりとまってしまった村です。
GetAttachmentCAHCZVTM_edited.jpg
この家屋の状態を見てください!!
bulgaria 37_edited
bulgaria 36_edited
bulgaria 33_edited
bulgaria 35_edited
そして、ピレン村でもパレードをしました。
こんな感じ↓
bulgaria 38_edited
そしたら、おばちゃんが観てました。
GetAttachmentCA7VS14J_edited.jpg
いきなり、ロバがでてきたり。
bulgaria 34_edited
いきなり、おばあちゃんに話しかけられたり・・・ でも、100%ブルガリア語!!
bulgaria 31_edited
すっかりタイムスリップした気分になりました。 

パレードの後は広場でダンス!
GetAttachmentCA9U8N7N_edited.jpg
例の6人娘を見つけたので激写☆
GetAttachmentCABEBHQ6_edited.jpg
ここのお婆ちゃんたちは写真に取られるのが大好きな模様でした。

暫く、踊った後、コンサート会場となっている山の頂上へ私たちはミニバスで移動。
これげ険しい道でした。 地元の人は歩いてきたり、ロバと一緒にきたり、たくましい。
そして、こちら↓がコンサート会場です。 ステージには6人娘。
bulgaria 32_edited
その後ろではこんな感じで踊りが・・・
GetAttachmentCA1AWTT3_edited.jpg


この日のお昼はこの頂上でいただきました。
GetAttachmentCACE8FF8_edited.jpg
GetAttachmentCAWOTX2W_edited.jpg

因みにこのコンサートではピレンの6人娘の他にも、
主催者TheBisserovSistersや、オランダ人フォークグループ、
フィンランド人のアコーディオン弾き、イタリアのグループ 
我が友人、イギリスからのフォークデュオ
そして、日本からは琴奏者と歌い手さん という国際的な面々でした。
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

都会的な風景から秘境まで盛りだくさんでびっくり。
民族衣装の6人娘かわいらしくて微笑ましくて安らぎますね~v-22

昨日の写真とは違う国といってもいいぐらい雰囲気がアジア的に見えるのですが。とっても親しみ感じます。ロバも心なしか踊っているよう。

noelさん

可愛いでしょう~
ステージが終わった後、休憩している
二人の6人娘に遭遇して一緒に写真をとって
もらったんですが。
これまた、お話してても可愛いの。
って、会話にはなっていないんですよ。
だって、ブルガリア語しか話さないんですもん。

ブルガリアでは「はい」を「ダー」というのですが、
首を横にふるんですよ。
その振り方がまた、可愛いの。

今度、会ったときに生で「ダー」をしてあげます。

naokoさん

するどいです!
アジアとヨーロッパの中間なんでしょうね。
例えば、「おいで、おいで」の動作も、
日本と同じ でしたよ。
line

ページ探し

お気に入り 

最近のトラックバック

只今の時刻

line
プロフィール

tama

Author:tama
なんだか、最近、
仕事のほうは力抜いて
やっていこうかなあ
と言う気分です。
(手抜きじゃあないです)

line
リンク
line
カウンター
line
最近の記事
line
最近のコメント
line
カレンダー
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
コメント別
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。