スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

エルシー

私にはイギリスの家族がいます。
と言っても、血がつながっている家族ではありません。(あたりまえか)

1997年に1年間、この土地に来た時にその貴重な一年を一緒に過ごした
ホストファミリー オコネル一家のことをイギリス人の家族と呼んでいます。

さて、昨日は悲しい知らせが急きょ届きました。
イギリスの母のお母さん、 所謂、イギリスのお婆ちゃん、 エルシーが亡くなりました。
享年74歳。 

昨晩遅くにイギリスの父から電話が入り、15分前に息をひきとったとのことでした。

ということで、今日は朝から、 弟のリー宅へ行ったり、母のスーにも会いに行ったりしました。

来週にはお葬式が行われるそうです。 これでイギリスで3度目のお葬式参列となります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、こんな時に使う英語をよく知りません。 いつも以上に寡黙になってしまいました。
カードに書き添えた文章をご紹介します。

「My thoughs are with you at this sad time.」
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

家族がなくなると寂しいです。
74歳ってまだまだ若いし。
でもその人のことを思い出せばすぐそこにいてくれるような気がします。

naokoさん

若いですよね。 でも、エルシーは4年前に
ご主人をなくして以来、すっかり気落ちを
したようで、 正直見ているのが気の毒な
時がありました。

きっと今頃は天国でマイク(おじいちゃん)と
一緒にいることと思います☆
line

ページ探し

お気に入り 

最近のトラックバック

只今の時刻

line
プロフィール

tama

Author:tama
なんだか、最近、
仕事のほうは力抜いて
やっていこうかなあ
と言う気分です。
(手抜きじゃあないです)

line
リンク
line
カウンター
line
最近の記事
line
最近のコメント
line
カレンダー
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
コメント別
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。