スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

ボランティア活動

※お友達からお祝いのお花を頂きました※
20071108203727.jpg

今、私がこの職業につけているのは10年前に参加した
「ボランティア活動」のお陰です。

ということで、今日の話は1997年にさかのぼります。
1997年9月5日、故ダイアナ妃のお葬式の日にヒースロー空港に
私たちは降り立ちました。

私が参加したボランティア活動とは世界の国々で日本文化を教えるという
インターナショナル・インターン・シップでした。

当時、社会人だった私には語学留学という選択では、その後を考えた時に
一体何が残るのだろうという疑問がありました。
しかも、学生時代から英語が苦手だった私にとって
英語の勉強に行くなんて、恐ろしい挑戦はできるはずがなかったはず。

でも、人とのコミュニケーションが好きだと気づいた私は
どうせなら、地元の人々とめぐり合える、英語以上に何かを獲得できる
手段で渡英したいと考えた結果の選択でした。

私が希望した国は、勿論 イギリス。
私が希望した学校は、高校。
私が希望した滞在期間は最長の9ヶ月でした。

そして、これまた幸運なことにいずれも願いが叶い、縁あって
現在勤務しているこの学校への1年間の派遣ということになったのです。

くどいようですが、当時の私の英語力は中学生英語程度のものでした。
ただ、私にはコミュニケーション能力があるようで、
めちゃくちゃな英語でも、ある程度人々と話しをすることはできたのでした。
(と思っていたのは私だけかもしれないですが・・・)

当時のイギリスの入国法では学生ビザ又は観光ビザを求める人は
イギリスの空港の入国審査時点で、申告してその場でスタンプを
押してもらうという、 今考えても嫌~な汗がでてくる制度でした。

なので、IIPからも入国を無事にするように、細かい注意事項を
私達はもらっていました。 
そこで、私はこれまた幸運なことに、望んでいた学生ビザを
1年間という最長期間でもらうことができました。

私が今でもイギリスの入国審査が嫌いなのは、この時の怖い経験が
影響しています。

因みに現在は法律改正により6ヶ月以上の学生ビザを望む人は
出国前に事前に英国大使館に申請をしてエントリークリアランスを
取得することになっています。


そして、この1年間の間に沢山の人々に出逢い、色々な経験をすることができました。


ということで、最後は「初めてのイギリス」です。
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

本当に

tamaさんが英語嫌い&話せなかったって言うのが信じられません。
あんなに楽しそうにお話してるのにe-420
今はどうですか??
もしかしたら好きとか、嫌いと言う感覚ではないのかも知れませんね。

rachael1963さん

今でも英語は好きじゃないですよ~
単語が覚えられなかったんですよねええ。
文法は意味がわからなかったし。

でも、色々な国の人たちと直に話しを
するのは好きなんですねえ。

矛盾してますねえ。
rachaelさんは、英語力ありますよね。
絶対にもっと上達しますよ☆

良い話ですね~。
ボクは未だに英語で苦労してます。

単語は覚えても右から左です。w

Noriさん

まあ、有難うございます。

Noriさんも苦手派ですか???
単語、覚えられないですよねえ(仲間!!)
最近の私の問題は、音で覚えてるので
綴れない というものです。
line

ページ探し

お気に入り 

最近のトラックバック

只今の時刻

line
プロフィール

tama

Author:tama
なんだか、最近、
仕事のほうは力抜いて
やっていこうかなあ
と言う気分です。
(手抜きじゃあないです)

line
リンク
line
カウンター
line
最近の記事
line
最近のコメント
line
カレンダー
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
コメント別
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。