スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

Post Office

私には初めてこの町に来た年から行きつけの郵便局があります。
インターネットが日本ではそれほど普及していなかった10年前は
それこそ毎週、その郵便局に通いました。 

そして、今もその郵便局へ時々行きます。
何故、そこへ行くのかというと、郵便局のおばさんがとっても親切なんです。

日本へ荷物を送るので、度々10ポンドを超える金額になることがあります。
その度にそのおばさんは本当に気の毒そうに
「これねえ~。14ポンドもするのよ~。いいかしら??」 とか
「もし、500g減らしたら、安くなるのよ。」とか
「これ、二つに小分けしたほうが安いわよ。」とか
いつも何かしらアドバイスをしてくれます。

時には「今日は記念切手が出てるから、これにしてあげるね☆」と
リピーターになる気持ち、わかるでしょう??
庭

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

心がホッコリしますね。
今日本では『東京タワー』というドラマをやってますが、主人公のおかんに共通する暖かさを感じました。

えDさん

アッ、その本を読みましたよ。
これまた、旧友(とか言ったらおこられる??)わざわざ郵送してくれました。
ドラマはどんな感じなんでしょう?

実際のリリーフランキーはちょっと変わったおじさんで、別にカッコよくはないですが、主人公を演じる速水もこみちは似ても似つかないイケメンです(タイプではないですが)
おかんが賠償美津子でいい味だしてますね~。けっこう毎回泣けますよ~。
ちなみに、リリーフランキー作の『おでんくん』はかなり笑えます!

心温まるお話です☆
日本の郵便局とは違いますね~v-3
私はテリトリーが広いので多くの郵便局を利用しますが、どこもそっけない感じですよ‥その中でも他と違うところが1ヶ所だけあり、わざわざ足を運びますが、tamaさんの行かれる郵便局のように親切ではないです
(ただフランスの郵便局とは違って仕事は速いですが‥☆)
民営化でまだまだ進化中かも?!と少し期待してますけど

えD さん

ほっほ・・そのリリーフランキーという人は
日本人の男性なんですね。
おかんの賠償美津子さんはやはり筑豊弁なんでしょうか??

興味深いです☆

mona さん

まあ、その厳選された郵便局は
どちらんでしょうか?

イギリスの郵便局は大きな物を覗くと
後は委託経営なので、
私もどうせお金払うなら、親切な所へ
行こうとわざわざ溜め込んだりして
行きます。 v-5

そう。自伝なのかな?リリーフランキーは主人公なんですよ。
正しい筑豊弁かどうかは私にはわからないです・・
旦那に聞いても黙々とテレビを見ているので答えてくれず(ムカッ)
賠償さんの方言は自然な気がするんですが、もこみちくんは・・いまいちって気がします。

えDさん

そうですか。 筑豊弁と博多弁はまた、
違いますからね。 
ふむふむ。  黙ってドラマを見ているご主人・・・
面白い絵柄です。(私にとって)
line

ページ探し

お気に入り 

最近のトラックバック

只今の時刻

line
プロフィール

tama

Author:tama
なんだか、最近、
仕事のほうは力抜いて
やっていこうかなあ
と言う気分です。
(手抜きじゃあないです)

line
リンク
line
カウンター
line
最近の記事
line
最近のコメント
line
カレンダー
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
コメント別
  • Post Office:8
  •  >えD
  •  >tama
  •  >えD
  •  >mona
  •  >tama
  •  >tama
  •  >えD
  •  >tama
  •  >えD
  •  >tama
  •  >えD
  •  >mona
  •  >tama
  •  >tama
  •  >えD
  •  >tama
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。