スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

孤独感

その昔(13年前)、生まれて初めて生まれ育った土地を離れて
ロンドンへ20日間の短期ホームステイをした時に想像もしていなかった
孤独感におそわれました。
誰一人私を知っている人がいないという孤独感。

そして、10年前、この土地で一年を過ごしたときに襲われた孤独感。
英語ができないもどかしさからきたものでした。

更に今回5年ものの労働許可書を得て、再渡英となり、
勿論望んで選んだ環境での生活。
しかも、初めての土地ではない場所での生活。
そして、やはり襲ってきた孤独感。
実はこの孤独感が一番身にしみました。
あまりにも寂しすぎて、自分が孤独であることにすら
気づけなかった孤独感。

そして、今思うのはこの経験がどんな風に今の私に影響しているのだろうと
いう事です。
空

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

深いな~。いや~深いですね~。重みがありますわ。

tsuyoさん

でも、なんとなく私の言っている意味わかるでしょ?

何事も意味があるからね。

こんな事言っていいのかわかりませんが

昔、夏目漱石はロンドンに留学して、ノイローゼになり、同じく、大正時代頃、日本で天才と呼ばれたピアニストの方は自殺しましたよね。
ロンドンの気候がそういう気にさせるのではないでしょうか。
カラッと晴れたロスなどでは、同じ孤独でも、そういうことは考えなかったかも・・・って、不謹慎な話題ですね(笑
お気を悪くされたのでしたらお許しを。

私は、海外での孤独体験はありませんが、違う意味での孤独体験はあります。
当時は、随分、そういう環境を恨みましたが、今となっては、それはそれで、今の自分の血肉となっているとも思います。

がんばってくださいな。

RYOさん

まさにそのとおりです。
夏目漱石の気持ちはイギリスに住む者だったら
み~んな心の底から理解できると思います。

でも、その分、晴れ間がみえると特別に
綺麗に見えるんですよv-485

こういう心境というものは本人にしか
解決することはできませんもんね。
その時をどう受け止め、どんな人々に支えられ、
どの道を選んでいくか、こうしてみんな
夫々の色がでてくるんでしょうね。

抽象的な文章になってしまいました。。。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
line

ページ探し

お気に入り 

最近のトラックバック

只今の時刻

line
プロフィール

tama

Author:tama
なんだか、最近、
仕事のほうは力抜いて
やっていこうかなあ
と言う気分です。
(手抜きじゃあないです)

line
リンク
line
カウンター
line
最近の記事
line
最近のコメント
line
カレンダー
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
コメント別
  • 孤独感:5
  •  >tsuyo.
  •  >tama
  •  >RYO
  •  >tama
  •  >-
  •  >tsuyo.
  •  >tama
  •  >RYO
  •  >tama
  •  >-
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。