スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

メモる!

只今、学生達のレポート作成中。
一番苦手な作業です。

英語上達に勤しんでいたころから始まって、実は今でも続けていることがあります。

それは自作の単語帳を持ち歩くこと。
手のひらサイズのノートに、
知らない単語をひたすら書き込んだり、
アルファベット別に書き込んでみたり、
とにかく何冊のノートを使ったことか。

現在は少し自分の嗜好がわかってきたので、
Moleskineの住所録を単語帳代わりに使用中。
これだと、自分でアルファベットを書き込む必要がないんですよ~。

そして、同じことをしている人を発見しました☆
それは昨年の仏語のアシスタント君。
彼は修士号で英語を専攻している、云わば英語の専門家。
その彼が大切そうに持ち歩き、今でも書き込みをしているのが
大学に入ってから使っているという自制単語帳。
今では書き込む隙間もないほどにびっしりとつまっていますが、
それでも書き込みを彼はしていました。
スポンサーサイト
line

フレーズ丸暗記

ここ数日、ぬる~い日々が続いています。

一人英会話を路上でして、週一でアメリカのドラマを見ていたころ。
もれなく本屋にも沢山通いました。 
そして、買っていたのが英会話上達に関する本とイギリスに関する本。

そんな英会話上達本。 読んで満足するだけで、習得するなんて域には
全くいたりませんでしたが、 一つだけ身になった方法があります。

それは、フレーズを丸暗記して、その状況に陥ったときにそのフレーズが
自然と、ボロっと出てくるまで繰り返すこと。 
要は一人英会話の応用編ですね☆

その時のフレーズで今も覚えているのは
「I am sorry to disturb you but .....」
「As far as I am concerned, ....」
「Would you mind -ing?」 等など

そして、今でも頻繁に使いますよ☆
line

耐える!

昨日から何故だか左まぶたが三重になってます。
気持ち悪い。

さてさて、一人英会話を路上で始めた頃、もう一つ生活習慣を変えた事があります。

それは海外のテレビドラマを吹き替えなしで見るということ。
当時はちょうど衛星放送が我が家に入ってきたころでBSで
アメリカの某人気テレビドラマが毎週あっていました。

それを無謀にも英語だけで見る決意を固め、実行。
いやあ、はじめのころは一言もわからない状態でしたよ。
主人公の名前すら分からない!という状態でしたけどね。
でも、我慢しました。 日本語に変えて内容を追いたいのを
ぐっとこらえ、みつづけました。英語で。 

そのうち少しずつ、一言、二言、拾えるようになって、
だんだんあらすじもつかめるようにもなりました。
でも、何年かかったでしょうか・・・

今でも全ては理解しきれてませんけどね。

line

他人の目を気にしない☆

今日はアシスタントの子の初登校の日でした。
毎回、どこからどう説明すれば、段取りよく理解してもらえるのか
かなり苦労します。 

さて、英語上達への道のりですが。

カナダ人のティナ先生に出会った私は話すことの楽しさを知りました。
そして始めたことは「一人英会話」です。 
これ、かなり長期間でしていました。 いや、もしかしたら今もしてるかもしれない・・・

要はイメージトレーニングです。
ティナ先生に会うときのことを想像して、これを言おうという内容を決めます。
じゃあ、一体どこからどう言おう。 とはじめのフレーズを考えます。

そうすると、ティナ先生こう答えるかな?と想像して。
じゃあ、こう答えよう。 という具合。

勿論、はじめのころは質問一文で精一杯でしたよ。
でも、月日が重なるごとに立派な会話へと進歩していきました。

因みにこれを口の中でブツブツ道を歩きながらしていたので、
時々我に変えると通りすがりの人に不思議な目で見られたりもしてました。

だけど。 そんなこと気にしてちゃあ、上達なんてしないでしょ☆
line

自分をよく知ることの大切さ

さて、今日から学校が始まりました。新入生達の履修に今週は費やします。
毎年、思います。 私、この仕事好きだわ。 学生達がかわいいです。


※こちらは誕生日にもらった手作り似顔絵クッキーカード※
結構、似ています、私に☆

それでは本題、英語上達の道のりです。
ロンドンで屈辱を味わった私が、帰福してしたことは
英会話教室探しでした。 

でも、当時、英語苦手+自信ゼロの私には巷にある有名な英会話教室に
行く心の準備も、お金の準備も全くありませんでした。
そこで私が選んだのは、カルチャークラブの英会話教室。
週に一回、一時間。 来ている生徒さんは、軽い趣味感覚の年配の方々でした。
この雰囲気に安心して私は1学期、受講を決意しました。

ところが、ここで出会った英会話の先生に大きな影響を受けた私は
少しずつ、本当に少しずつ、英語というより、英会話への自信をつけていきました。

私が今行っている授業も、この時の先生の影響が残っています。
カナダ人のたくましい、明るい先生の名前はティナでした。

私が彼女から学んだ一番のことは、習うより慣れろです。
使えて意味のある英会話。間違いなんて気にせずに、とにかく話しなさい!
それが彼女の作り出している授業の雰囲気でした。
時には一時間、おしゃべりだけで終わることもありました。
でも、それが楽しかった。 勿論、英語でのおしゃべりですよ☆

因みに当時の私の英語力はTOEIC 350点でした。
本当にできない子だったんですよ!
line

「悔しい」と思う時

さて、英語力上達の話です。 

本当にクドイかと思いますが、学生時代私は英語が大の苦手だったので
その私がここまでこれたという事実は、今語学を勉強されている方々の
大きな勇気になるはず(自信満々) 

何が大切かというと継続は力なりです。

そして、もう一つ大切なのは通じなくって悔しいと思える環境を持つことだと思います。
そうすると、続けずにはいられなくなる。 

私が最初に味わった屈辱は卒業旅行で訪れたロンドンでの2週間でした。
帰りの飛行機の中で、必ずしゃべれるようになって戻ってきてやる!と自分に言い聞かせました。
london 1-2_edited
で、一番古い記憶で私がした英語の勉強というと・・・

more...

line

ロンドン

金曜日のことです。
パスポート更新のため、はるばるロンドンまで行ってまいりました。

マンチェスターは遠方地域になるため、10:30までに受付をすませれば
当日中に新しいパスポートを発券してもらえるという、特権があります!
(北にいることで得することもあるのです☆)

ということで、10時には受付を済ませ、一日ロンドン観光の日となりました。
london 1-6_edited
まず、行ったのはNottingHillGateにあるPortobelloです。
london 1-7_edited
行って気づいたのは、私ここに来たことがある!
しかも、一度じゃない。 数回・・・
ロンドンといえば、抑えたい通りの一つなので、当然でしょうが、
さら~っと往復して、次の場所へ移動する途中。

more...

line

C

今日は6月に受けた英語の試験の結果の日でした。
結果は C でした☆
勿論、Cということは最高の結果ではありません。一番いいのはA*です。
だけど、だけど、英語の苦手なこの私が、現地人の受ける試験で
合格できたということに、大きな意味があります。
いやあ、本当に嬉しいです。 

今、英語苦手だなあとか、外国語勉強したいけど自信がないなあとか
思っている方! 私が太鼓判押します。
必ず、必ず、上達します。 辛抱心を忘れなければ。

ということで、ちょっとだけ英語に自信がついた私が、
英語上達のために私が今までしてきたこと。
色々思い出しながら書いてみようかと思います。
line

Stoke-on-Trent

イギリス好きな方ならピンとくるかもしれません、この町。
ストーク・オン・トレント。

ロビー・ウイリアムスの出身地? (そういえば、ロビーは今何をしているのだろう?)

いえいえ、陶器の町=ストーク・オン・トレントです。
(九州でいう有田みたいな感覚です)
有名なのは、イギリスを代表するチャイナの製造元、Wedgwoodですね。


近々、友人の結婚式があるからというイギリス人の友人親子に誘われて、
本日行ってまいりました。

道中、発覚したのは彼女達はストークが始めてとのこと。
私は最後に行ったのは5年ほど前ですが、それ以前に数回通ったことがあるので、
(勿論、日本人の友人と供にです)
日本人の私がイギリス人のお二人に道案内とお店選びをすることになりました。

念のため、はっきりと言っておきますが、ストークは陶器生産で発展した町。
美しさを求めてはいけません。
因みに公共の交通手段を使うとかなり不便なので、借りてでも車で行ったほうがいいです。
私は一度、タクシーを借りて運転手さんに戻ってきてもらった覚えがあります。
もしくはバスツワーに参加することをお薦めします。

車で行く場合、現地についてからでもお店や窯元の所在地が記入された地図を
入手することを、これまたお薦めします。

毎回、思うのはストークは陶器で栄えている町のはずなのに、町の人たちが
その窯元やお店の所在地をあまり知らない。というか、無関心。 
それとは逆にお店についてみると、日本人の観光客のみなさんとか、
ちょっとポッシュなイギリス人とか、海外からのお客さんとか、
陶器に目のない人であふれています。 
本当に不思議なコントラストですよ。

さて、午後だけの滞在だったため、今日訪れたのは
Wedgwoodのお店→RoyalDoultonのお店→Spodeのお店→そして・・・私のお気に入りBurleigh

more...

line

ヨーロッパ・バックパックの旅


アシスタントの子が一人旅から戻ってきました。
月曜日には帰国してしまうので、二人で食事へ行きました。

道中色々な事に遭遇して、有意義な旅をしてきたようです。 

帰国後の彼女の将来が楽しみです。

line

湖水地方

先週の週末に湖水地方へ行ってきました。

土曜日は、ピーターラビットの著者、ビアトリックス・ポッターの家があるヒルトップ。
日曜日は、湖水地方で一番大きな町、ケンダル。

写真はケンダルからでの風景です。

ヒルトップは日本人の観光客に人気の場所なんですね☆
line

Results day


今日は大学入学のために取得するAレベルという試験の結果発表の日でした。

日本語の学生達は年数不足のため、2年目のクラスの子たちが受けた
ASという中間の試験の結果日でした。

今年は全員合格☆ 予想以上にできた結果が3個。
なかなかのできでした。

line

今晩の夕食


最近、親子丼にはまってます。
これで何回目だろう? 今月に入って。。。
line

イギリス人とピクニック

gorthwords2_edited.jpg
もう7月のことなんですが、毎年恒例の友人が出ている野外劇を見に行きました。
gorthwords_edited.jpg
ここは個人が所有している家の中庭を野外コンサート用に開放している劇場です。

more...

line

この夏のはまり物

子供の頃からシェイクとか、牛乳っぽいものはあんまり得意じゃなかったのですが・・・

この夏はスムーディにはまってます☆

果物を沢山買ってきてみても、食べきる前に
悪くなるこの季節。
捨てるのも惜しいので、牛乳と蜂蜜を少々加えて
自家製スムーディのできあがりです。

smoothy2_edited.jpg
この日はネクタリンで作ってみました。
このミキサーが便利です。 
line

「買いなおす」

今日はみなさんに質問です。

というのは、この夏は教材の手直しに時間を費やしています。

日本語を教える訓練を受ける前は「教える」のは「教室で教える」のが仕事だと信じきっていましたが、
実際、教室で教えること自体は、全体の3分の1くらいのところでしょうか。
教案考えたり、年計たてたり、その前の準備時間に結構手間とります。
これが現実・・・

更にこの9月から新しいシラバスが導入されるので、今まで使っていた教材を
根こそぎ改善している現状です。


そんな中、只今漢字教材を作成中。
「食器」という漢字がでてきたので、例文として

・食器を買いなおすつもりです。

としようと思いました。 どうでしょう? 違和感ありますか? 

念のため、電子辞書で「買いなおす」の確認。
ところが、検索結果にひっかかりません。 
「買いなおす」って、方言なんでしょうか? 使いませんか? 

考えた挙句「買いかえる」をいれてみると出てきました。

・食器を買いかえるつもりです。 

言わなくはないけど、私の語彙ではないのです。
ただ、日本語感にかなりのにぶりを感じる今日この頃。


よくよく考えてみれば、博多弁の「なおす」には標準語の「なおす」とは
違う意味があります。

例) このパソコンなおしとって~

意味→このパソコンを片付けておいてくれる? 
決して、修理しておいてくれる? ではありません。

それと関係しているのだろうか???
などと、思ったりもしてみました。

いやあ、久々に思いっきり博多弁で話したか~。
あら? 話がそれました。
line

夏日和

今年は比較的、夏っぽい夏を迎えています。
今日は気温18度くらいでしょうか。 晴れていますし、夏です!

さて、ブルガリアから帰国後、何をしたかといいますと、
旅仲間が集まって、お庭でおしゃべり。
シャンペンにはじまって・・・
ged_edited.jpg
ジェドさん、お手製のバナナブレッドに紅茶。
tea break_edited
2時間の予定が、5時間・・・ こうやって毎日が過ぎていっています。
teabreak3_edited.jpg

line

ブルガリアの旅 最終日

この日はサンダンスキーから首都ソフィアへ移動の日でした。
bulgaria 73_edited
ここが泊まっていたホテル。
bulgaria 74_edited
そして、広場。
bulgaria 75_edited
近くの市場。

この旅行で知り合いになった日本人の琴奏者の方曰く
「ブルガリアははまりますよ~」
ということで、是非、皆様も機会があれば足を伸ばしてみてください。

more...

line

ブルガリアの旅 六日目

一体、ここはどこでしょう?
bulgaria 61_edited
久々にに対面した私は、なんだか日本に帰ってきたような
感覚におそわれました。

でも、ありそうでしょ? 日本にも。

more...

line

ページ探し

お気に入り 

最近のトラックバック

只今の時刻

line
プロフィール

tama

Author:tama
なんだか、最近、
仕事のほうは力抜いて
やっていこうかなあ
と言う気分です。
(手抜きじゃあないです)

line
リンク
line
カウンター
line
最近の記事
line
最近のコメント
line
カレンダー
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
コメント別
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。