スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

鳥肉=鳩???

stockport4


16歳のクラスでの出来事。
漢字を入れていました。

「牛肉」・・・「cow」と「meat」で、はい、「beef」
「豚肉」・・・「pig」と「meat」で、はい、「pork」
じゃあ、
「鳥肉」・・・「bird」と「meat」で 「chicken」と
過去3年間、問題なくやってきたのですが。。。

ロジャー君、即答。 「pigeon!」 し・か・も、自信満々。

「え~、ロジャー君。は・鳩ですか?食べるの?」

実はロジャー君、BBC(イギリス生まれの中国人)。
そうなんです。中国の食卓では、普通に鳩を食するんですねえ。

勉強になりました。ロジャー君、有難う。


In GCSE class, I was introducing new Kanji vocabulary,
「牛肉」(gyu niku) means 'cow'and'meat', so it means 'beef'
「豚肉」(buta niku)means 'pig'and'meat', so it means 'pork'
「鳥肉」(tori niku)means 'bird'and'meat' so it means????

one of them answered me immediately 'its pigeon!'
He was so confident and he continued 'we eat pigeons!!'

His parents are from HongKong.
Of course,Chinese people eat pigeons, dont they?
It is a different culture. I have learnt something.
スポンサーサイト
line

豉汁排骨飯

スキさん


これ、今晩の私のお食事です。 出来立てです。

夜のクラスの生徒さんがわざわざ作ってもってきてくれました。
し・か・も、これで2度目(愛されてる?)

中国系アイルランド人のご主人と、香港出身の奥様のカップル。
とっても、優しくって、本当に良い生徒さんに恵まれています。
幸せ者。

これ、豚のリブを黒豆ソースで料理した典型的な中国の家庭料理で、
私の大好物なんです。 

至福のひと時。
いっただきま~す。


My students from evening class brought me this tonight.
Actually this was the second time I have been given.
They know I love this dish, its a Chinese dish.

They are Chinese people, the husband is a Chinese-Irish,
the wife is from HongKong.

I will enjoy it!!
line

夏時間

昨晩、時計の針を1時間はやめました。夏時間です。
日本との時差、8時間になりました。

実は、過去に時計の針を逆に回し、2時間の時差を作ってしまった
経験があります。慣れない日本人には珍しくない経験だと
ひそかに思っていますが、どうでしょう?
か・な・り、あせりました。

やっと、春らしくなってきました。

Its summer time now.
I feel spring is here now!!


空


さて、今日はmanuさんから頂いたバトンをしようかと考えています。
なにせ、初体験なので。 ドキドキしています。

「カラーバトン」です。  いきますよ~

※回してくれた人を色に例えると?
   ひまわりのようなオレンジ
   ほがらかでしょ。あたたかいでしょ。おもしろいでしょ

※自分を色に例えると?
    寒色です。

※自分を動物に例えると?
   オオカミ。 一匹です。

※自分を好きなキャラに例えると?(まんがや映画でも可)
   忠犬ハチ公 待ちます。

※自分を食べ物に例えると?
   ごぼう。 しみたら、おいしい。

※次に回す5人を色で例えると?
   Noelさん・・・ピンク 
            ビーズの小銭入れ
   
   シモーヌさん・はんしの白
            やすらぎ

   りんさん・・・若葉色
            さわやかな笑顔

   Takeさん・・・
            マンチェスターはシティでしょ。

   Noriさん・・・光のいろ(?)というより、存在。
            いつもお写真から、感じています。

ということで、余力があったら、もらってください。

line

DIY

tana2


これごときにDIYと言ってよいのか定かではありませんが、
スクリュードライバー一本握って、かれこれ3時間格闘し、

tana3


カバー付きの棚を先週作りました。(達成感)
引越してきた当初は、箱数個だった荷物も、あれから2年。
増えてます。 

※カタログショップ「アルゴス」で購入。

tana



I bought a shelf from Argos a couple of weeks ago.
As I have lived here for two years, and stuff is just increasing.

Finally I managed to put them together.
It took me for more than three hours.
I need a decent screwdriver!!
line

航空券

Wienna


今日は昨日に引き続き、航空券手配で心がイッパイ・イッパイ
な一日でした。

探していたのは、福岡への格安航空券。
6月22日~7月12日、教え子二人を引率して
福岡女学院短期大学へ短期ホームステイを決行します。

結局落ち着いたのは、いつもお世話になっているJapanCentre
今回は個人的な帰国とは違うので、いつもと違うルートにしました。
ANAで、ヒースロー発成田着、福岡へと乗り換え。
£450(約9万円)、なかなかなお値段だと思います。

電話で、仮予約をしたのですが、何せ3人分の航空券。
予想外のプレッシャーが・・・
電話を切った後も、振るえがとまらず。 心はワナワナ。

実は心臓チッチャイ私です。 お手柔らかに。


I was looking for flights to Fukuoka today.
I am going to take two of my students in June.
As this is not my private trip, I decided to take different route.

I rang Japan Centre, where I usualy buy.
I was offered ANA flights Heathrow-Narita-Fukuoka(£450),which is not too bad,
and it turned out there was not many seats aviable.
I had to make a quick decision on the phone.

After I hang up the phone, I coule feel my body was shaking.
I did not feel easy, either.
It was too much pressure for me, as I am not used to dealing with £1700!!

line

見極め

今日、格安飛行機Ryanairでこの四月に行く旅行の飛行機を確保しました。

旅先はTOULOUSE(トゥルーズ)、フランスです。
学校で、フランス語を教えてもらっている(と言っていいのか?)
アシスタントのAnnaの実家へ1週間行くことになりました。

先週から、安い飛行機を探してたのですが、
実は昨日から値段が上がりだし、今日更に上がってました。
どうも、私達先見の目がないようです。

それでも、税込みで約£90(18000円くらい)だから、
安いもんですね。

旅の友に、もう一人。これまた、同じ職場のSauMai(サウ・メイ)です。
写真はその二人。



friends



I just booked flights for Easter holiday.
I am going to Toulouse in France for a week with Anna and Sau-mai.
Both of them work in the same college.

We were looking for the cheapest flights,
unfortunately the cheapest price was last Monday.
I fond it difficult to tell when the right time to make a decision!
line

コンサート

Bridgewater2


昨晩はマンチェスターのTheBridgewaterHall
「StMatthewPassion」(バッハ作)を聞いてきました。

音楽の時間に聞いたクラシック程度の知識しかない私は
「Passion」という言葉に踊らされてしまいました。


「Passion」とは「苦しみ」のことらしいです。
現代使われている「情熱」とは少し違いますね。
要は、キリストが捕まり、裁判にかけられ、十字架にかけられたその
苦しみ=受難=Passion らしいです。

3時間にも及ぶ長いコンサートでしたが、聞きごたえはありました。
例え、歌詞が理解できなかったとしても・・・


Bridgewater


I went to concert last night in Manchester.
It was 'St Matthew Passion', as I am not a Christian,
I had no idea about this music.
However friends of mine kindly explainted to me before the concert.

I have learnt 'Passion' means 'suffering'.
There are many things that I dont know yet about their culture.
line

水道の蛇口

tab


どんなにひいき目に見ても、やっぱり理解できないのが、
この国の蛇口です。
ご覧の↑とおり、熱湯と水の蛇口が別々。
でも、何故??
熱湯の蛇口からは本当に熱湯がでます。
「熱湯に注意」なんていう注意書きを時々見たりもします。

どうして、「一つの蛇口にして適度なお湯を出す」という発想に
つながらないのだろう・・・・・



I don't understand why these taps have to be separated in UK.
In fact,the hot tap provieds REALLY hot water.
I dont think I have seen the separated taps in continental countries.

Why are they separated???
line

告白

warwick8


実はここだけの話ですが、私、今年の17歳の子のクラスが
大好きなんです。

お付き合いは2年目。昨年、「かなり」厳しくはっぱをかけ
試験へと導いたところ、予想外(嬉しい方)に最高の結果が。
そして、予想外(辛い方)に期待していなかった子までも
2年目へと挑戦してきました。

なので、9月当初から1年目以上の挑戦になるんだよと口を
すっぱくさせてここまできましたが、
なんと、皆(9人)勉強してるんです☆
何も言わなくっても、分かります。ガンガン伝わってきます。

先日、「fly」と「fry」を間違えたのもこのクラス。

毎週火曜日の9時からの授業は彼らなんですが、
なんと、毎週月曜日の夜になると、翌日が待ち遠しくって
ウキウキしてきます。 
毎週金曜日の最後のコマも彼らの授業なんですが、
どんなに私が孝作して、1分でも早く切り上げて帰ろうと
しても、彼らはきっちり、3時50分まで居座ります。

9人とも、是非合格して欲しいと「神様」にお願い☆

warwick9


To tell the truth, I love my AS class.
I do have a great reltionship with them.

For example, every Monday nights I cant wait for the next day,
because I have double lessons with them in the morning.
every Friday the last lessons are AS,
I have tried to finish as early as possible,
because it is Friday, I assumed they want to go home soon.
But they dont let me.

I wish all of them will pass AS paper!!
line

St Patrick's Day

warwick6


3月17日は「St Patrick's Day」と言って、アイルランドの聖人パトリックの日です。

私が働いている学校はカトリック系ということもあり、
又北イングランドという土地柄もあり、比較的アイルランド系の
学生も多くいます。

この日には、アイルランドの色でもある、緑な物を身につけたり、
着たりして、お祝いをします。

アイルランド人の方がイングランド人より自国に対する愛着が深いように思います。

日本人だったら、一体どんな風にして日本をお祝いするんでしょう?



warwick7


It is St Patrick's Day.
As it is a Catholic College where I work,there are few Irish students.
One of teachers ,who is Irish, told me that he insisted his students on wearing something in green.
He also said that he did not understand why English people dont celebrate St George's Day much.

Do you know why?
line

tea

warwick4


英語と米語の違いをお一つ。

学生時代、赤点を取り続けた私ですら
「tea」は「紅茶」
「dinner」は「夕食」と習ったことを覚えています。

ところが、この地域(ロンドン等南の方では違うと思われますので)では
「tea」を「夕食」
「dinner」を「昼食」の意味で使います。

ということで、「tea」にまつわる失敗談もゴッソリ。

典型的なのが、「tea」に誘われて気軽に尋ねていったら、
「夕食」だった。

それから、学んだ私は、またまた「tea」に誘われてお腹をすかせて、
ホストファミリーにも「夕食はいらないよ」と断言してでかけたら、
なんと「紅茶」だった。


さ~て、問題です。 では、「tea(夕食)」と「tea(紅茶)」を
一体どうやって区別すればいいのでしょう??


warwick5



I have learnt 'dinner' means 'evening meal' at school.
Apparently this is American English( that British people say)
in this area 'dinner' means 'lunch' and 'tea' means 'evening meal'
Can you imagine how complicated this coule be for me?
It took me for a while to get used to it.

I still have to make sure when I make 'tea' arrangement,
whether it is a cup of tea or evening meal!
line

Warwick Castle

Warwick


2週間も前の話ですが、友人とイギリスでも一番美しいとして
有名な「ウオーリック城」へ行ってきました。

寒かったですが、天気は快晴。
お城の中も見ごたえがありました。
入場料が高いのが気になりましたが、ナショナル・トラストの所有では
ないので、仕方ないのかもしれません。

ロンドン等有名な観光地は行きつくしたという方には
お勧めです。お弁当持参すれば一日たのしめます☆


warwick2


I went to Warwick Castle two weeks ago.
It was less than three hours away from Manchester.
It was very cold, but it was a beautiful day.

Inside the castle was beautiful as well.

I love English beautiful scenery.

warwick3

line

猫


先ほど、ちょっとお買い物に出ようとドアを開けたら、
足元に真っ白な猫が!!

両親宅にいるネコちゃんと大きさも毛の色もお・な・じ。
このこのほうがう~んと人懐こかったけど・・・
5分ほど、私の足もとに絡み付いてきて。
お顔を激写しようとしたんですが、 動く、動く。

猫2


可愛かったあ。
内のネコちゃんも、あんなんだったら、可愛いのになあと思いました。


猫3


There was a white cat in front of my house this afternoon.
I was bit down at the moment, but he cheered me up!
He was so sweet, I wanted to take a photo of his face.
Yet he was too fast.

He reminded me of a cat my parents have, his name is NEKO chan!
line

雪辱戦(revenge)

ウイーン2


初めて、マンチェスターへ来た年1997年に、
初めて、マンチェスターの劇場で、
初めて、シェークスピアの劇を見ました。

題目は「からさわぎ」(喜劇でした)
恥ずかしながら、シェークスピアという以外、何も知らなかった私。

当然、全く理解できずに、完敗。


あれから、9年(え?驚き!!)
同じ演目「からさわぎ」を観て来ました。
今回は、きちんと登場人物と話を予習しておきました。

それでも、台詞の細かいやり取りは理解不能でしたが、
楽しく観賞してきました。
得意満面!!



I went to see 'Much Ado About Nothing' the other night in Manchester.
This is the play I wanted to watch for a long time.
When I came to Manchester in 1997, my friend took me to watch it.
However my English was poor and I didnt know about the play at all,
I didnt understand it at all.

This time I prepared for it, I have learnt about the main characters and story.
I therefor enjoyed it.

I think this is an achievement!
line

「L」と「R」

ウイーン


今日、やっちゃいました。 間違い!!

17歳のクラスでのこと。 漢字の「飛」を導入しました。
はい、「fry」と綴ってしまい、大混乱!!

「飛行機」で「ひこうき」=「plane」でしょ。
と強気で押したら、み~んな、「???」

一人の子が、決まり悪そうに「fryじゃなくって、flyでは?」と・・・
「ははは・・・」笑ってごまかすしかありません。。。

「R」と「L」、まだまだ悩みの種です。



I still have a problem with 「L」 and 「R」,
basically I can't hear the difference between them.

[collect]and[correct]
[law]and[raw]
[clap]and[crap](excuse me) so on...

Anyway, I made a mistake in a class today.
I said 'fry' but I meant 'fly'.
I made my students confused. but they laughed, so it was ok.
One of them even said to me that it was good to know I made mistakes once in a while....
Oh, my sweet students.
line

Sちゃん

基本的に複雑な人間関係が苦手な私には
群れるような友人はいません。

そのかわり(と言っては何ですが) できた友達とは
なが~いお付き合いをさせてもらっています。 
幸せ者です。はい。

サラ

このウイーンへの旅の一番の目的はSちゃんに会うことでした。

出会いは1996年。初めてこの町へボランティアとして
やってきた時の、可愛い私の教え子です。

今では、ルーマニア・ウイーン・日本への滞在歴のある立派な大人の女性。

10歳も年が違うのに、年齢の差を感じさせないSちゃん。
出会った時から、お世話してもらってました~

サラ2



This is my friend, Sarah chan.
We met in 1996 when I came to England to teach for the first time,
she used to be my student.

She is in Vienna at the moment, she has lived in Oita, Japan for one year.

Despite our age difference, we get on well.
It may well be Sarah chan has put up with me a lot!
I love you, Sarah chan!!xx
line

ウイーン(散策編)

まだ、ウイーンやってます。もう少しだけ・・

これまた、Sちゃんからのお話。
その昔、ウイーン一体にペストがはやって、沢山の人がなくったそうです。
その碑も街の中にありました。ところが、ウイーンのある一角だけ、
ペストとは無縁だった場所があったとか。それがギリシャ人の居住区。ギリシャ人は普段からお酒をたるのようにのんでいたそうです。
それがきいたのか、この地域ではペストが広がらなかったらしいです。 
そして、ここがその地域。
ギリシャ

隠れたようにひっそりとありました。
ギリシャ2

昼間はこんな感じでしたよ。
ギリシャ3

ギリシャ4


This is the area where Greek restaurants are. Sarah chan told me when the plague struck Europe/Vienna, only Greek people were safe. It was kind of hidden streets, and I liked it.

more...

line

ウイーン(観光地続編)

意外と楽しんだ美術館がKunstHausWineでした。
私は勝手に「バッサーハウス」と呼んでました。

バッサー3

この日は生憎の曇り空でしたが。

ウイーン生まれの建築家、フンデルト・バッサーによってデザインされたアパートです。
彼の哲学では、「直線とは建築が生み出した物」だそうで。
こんな曲線ばかりの建物ができあがったそうです。

そんな彼の言葉に妙に納得した私ですが・・・
美術館内の凹凸に、何故だかツマヅイテばかりいました。
バッサーさん!!

バッサー2

そして、takeさん、これがお見せしたかった写真です。
Aさんも、フンデルト・バッサーの事をtakeさんに伝えたかったらしいですよ。

彼の作品が日本にもあります。
そうです。大阪の清掃工場です。 あれです!

バッサー



I quite enjoyed KunstHausWine. I did not know he married to a Japanese person.
I liked his late work particularly, because there were titles written in Japanese on his work,
and they mede me understand easier.

He designed the buildings without using any straight lines,
according to him, that was how all bulidings were suppose to be.
But I fond it quite difficult to walk on the curved floor.

It is an unique idea, I think.
line

ウイーン(観光地編)

schonbrunn


シェーンブルン宮殿です。ハプスブルグ家の夏の離宮。
Sちゃんが日曜日に連れて行ってくれました。
快晴で、宮殿の背後にはウイーンの街も綺麗に見えました。

schonbrunn2


宮殿の中を一番短いコースで回ろうと決めた私達。
陽気なチケット売り場のお兄さんと会話しながら、チケット購入。
ところが、お兄さん、聞き違えたのか、私の英語がまずかったのか、
1時間コースのチケットをくれました。

仕方なく(?)、長いコースで鑑賞。

私は日本語の音声ガイドを、Sちゃんは英語のを。
そしたら、日本語ガイドの長いこと・・・
同じ内容はなしてるはずなのに。
Sちゃん、忍耐強く、私を待ってくれました。
因みに、ウイーンに計1年3ヶ月滞在しているSちゃん。
ここは7度目の訪問でした。。。

ありがとうね。 本当に。


schonbrunn3



Sarah chan took me to Schloss Schonbrunn on Sunday.
It was a beautiful day. We could see Vienna behind the palace.

We got one hour tour tickets by accident.
We both got audio guides, one in English for Sarah chan and one in Japanese for myself.
The Japanese guide lasted much longer than English one.
Poor Sarah chan, she had to wait for me at each rooms,
plus it was the seventh time for her to visit.

Thank you, Sarah chan. You are a great friend!!


line

ウイーン(食べ物編)

すみません。まだ、まだ、引っ張ります。食べ物!
というか、「食べること」しか考えてない。。。


food2

はい、「グラーシュGulaschsuppe」です。カフェ・モーツアルトで頂きました。
上品な味のグラーシュでした。これに、パンもついてきました。
満足☆



food

そして、こちら友人Sちゃんのお友達リジーさんの手料理です。
名前きいたんですけど、メモリ忘れました。
ちょっと、Sちゃんに聞いてみます。(すみません)

リジーさんの住んでいたフラットは天井の高い、古い素敵な建物でした。
天井が高すぎで暖房が効かないところが、たまに傷。
でも、厚手の靴下を貸してくれました。(優しい)

これ、ニョッキのような食感で、一見パスタにも見えました。
チーズ風味でした。   



I am afraid that I still go on about food, but
it is the most important part of my life!!!
I guess my obsession about food became much more seriously since I came to Manchester.....
I wonder WHY???

Sarah chan, could you tell me the name of the meal Lissie cooked for us??? please!

line

ページ探し

お気に入り 

最近のトラックバック

只今の時刻

line
プロフィール

tama

Author:tama
なんだか、最近、
仕事のほうは力抜いて
やっていこうかなあ
と言う気分です。
(手抜きじゃあないです)

line
リンク
line
カウンター
line
最近の記事
line
最近のコメント
line
カレンダー
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
コメント別
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。