スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

40th birthday party

昨晩は、友人の40歳の誕生パーティに行ってきました。

イギリス人って、40歳を盛大に祝います。
スポンサーサイト
line

結婚65周年記念日

先週91歳の誕生日を迎えた
友人のご両親の結婚記念日でした!

line

Luca

久しぶりにルカと再会してきました。
お兄ちゃんになったルカ。
とっても、優しいお兄ちゃん。
line

91歳の誕生日

友人のお父様の誕生日でした。

食後のお散歩。
line

ブリュッセルの旅~友人

少し間が空いてしまいました。学校が始まると、どうしても
ペースがにぶります。すみません。

なんだかもう数ヵ月も前のことのような遠い記憶になっていますが。。。
最後に、旅の一番の目的。お世話になった友人の話です。

出会ったのは、私がこの国にやってきた年。
ルーマニアから初の正規留学生として、私が働いている学校に
親元を離れて来ていた彼女。私のお世話係の先生宅にホームステイ中でした。

当時、ルーマニアは発展途上中の国。イギリスへ旅行にくるのにも、ビザが必要な状況。
イギリスに留学できるのは夢のような状況だったと、彼女は言います。
そんな期待の中、彼女はしっかりと勉強して、2年後、オックスフォード大学に無事入学。
当時「Oversea」扱いのルーマニア国籍の彼女は、幸いにも奨学金を貰えるということで
オリオカレッジに迎えられたそうです。

大学ではPPE(法律/哲学/経済)を専攻し、マスター取得にブリュッセルに来たそうです。
その後、現在はUE関連の会社で、「Public Relations Director」として
日々多忙に過ごしているとのこと。

これから、どこへ行くのか、ブリュッセルに留まるのか
まだまだ目が話せない友人です。

line

90th Birthday Party!!


週末、友人のご両親のそろって90歳の誕生日パーティがありました。
お二人は誕生日が1週間違い、その間に結婚記念日があります。

ということで、その様子をご覧ください。
DSCN2155.jpg
会場は友人宅のお庭。
mix
90本のキャンドルは、当然ケーキにはさせないので
別枠です。
mix2
DSCN2181.jpg
DSCN2184.jpg
お料理はタイ料理でした☆
シェフが出張してくれます。お陰で、できたての美味しい料理を食べることができました。
DSCN2173.jpg
DSCN2179.jpg
DSCN2176.jpg
line

ワインとフランス人

友人のご主人はフランス人です。
でも、あまりフランス人色を強く持たないフランス人なので、
普段は彼がどの国の人なのか忘れています。

ところが、遅いお昼を食べにお宅へお邪魔した本日。
「まあまあ、ワインでもどう?」と
そのご主人にデカンタに入った赤ワインを勧められましたが、
運転してるのとワインは飲まないのとで、即お断りしたところ。。。

「あ、これはきちんとしたフランスワインなんだよ、そこのボトルの。」と
始まり、
夏の旅行で行ったベニスで意外にもイタリアワインが美味しかったこと、
イギリスでは本当のワインはなかなか買えないこと、等など

ワインについて語ってくれました。
この人、やっぱりフランス人なんだあ。。。と思った瞬間でした。

※ここはもう秋です。木には何やら実がつています※
line

「why」と「why not」の使い分け

さて、今日は先日3歳を迎えたルカに会いに行ってきました。
おしゃべりが沢山できるようになっていて、子供の成長ぶりの速さを感じました。

そのルカ、今「なんで?」「どうして?」のまっただ中でした。

「ちょっとトイレ行ってくるね。」「why?」
「食べ物を粗末にしちゃ駄目でしょ。」「why not?」
「もう寝る時間よ。」「why?」

数時間いて気がついたのは、この3歳のルカ。ネイティブ英語話者だからと
言ってしまえばおしまいですが。。。
英語特有の肯定文には「why?」 否定文には「why not?」の
微妙な使い分けを見事にこなしていました。

言語の発達って一体、どのような過程を経て形成されていくんですかね?
ルカの「why?」「why not?」攻撃に悪戦苦闘する友人ママを残して、
勝手に感心して帰ってきました。

※写真は夏日だったときに撮影したものです※
line

光栄です☆

これ↓何だと思いますか?

今日、同僚の友人がくれたのですが。
なんと彼女が書いた子供向けの物語りなんです。旦那様はプロのイラストレータで
旦那様の挿絵付き。
出版社に送ってみたそうで、よい結果を待ている状態なんだそうですが。
そんな貴重な本のコピーを「私に読んでみて」とくれたのです。

この夏の読み物とさせてもらいます☆
line

Was haben Sie gestern gemacht?

昨日まで友人のお兄様家族がドイツから遊びにみえてました。

生憎な天候の中、北ウェールズへ一緒にお出かけしてまいりました。

行った先はNational Trustの Bodnant Garden。
植物好きな人にはたまらない場所です。
DSCN0695.jpg
DSCN0688.jpg
ツツジにシャクナゲが満開でした。元々はその昔、東洋から輸入された植物達ですよね。
DSCN0693.jpg
さて、そのお兄様ご夫婦。英語が全く通じません。
わたくし、ドイツ語はほとんどたしなみません。

すなわち、会話は友人もしくはご夫婦の娘さん夫妻(こちらは英語が上手です)
を通してでしかコミュニケーションができない。。。
消化不良な気持ちになります。 
そこで、即席 ドイツ語口座を開いてもらい、マスターした質問。
「昨日は何をされたんですか?Was haben Sie gestern gemacht?」 
メモを取り、何度も繰り返し、練習を30分ほどつみまして。

この公園でお兄様を直撃!
「ヴァス ハーブン ジイ ゲステン ゲマシュト?」
お兄様=「??????」
撃沈です! 全く通じてない!!

そこで、友人をよびまして。
「ヴァス」(私)「Was」(友人) 
「ハーブン」  「haben」
「ジイ」  「Sie」
「ゲステン」  「gestern」
「ゲマシュト?」 「gemacht?」
(え~、私と全く同じこといってるのにい。。。)

お兄様=笑顔 
「昨日は何もしなかったなあ。あ、アップルケーキを焼いたよ」

通じた!? 私と彼女の違いは何なんでしょ? 
いや、全くドイツ語分からない私とネイティブの違いです。はい。

一つ自慢しますと、お兄様の答えは勿論、ドイツ語でしたが、
私一人で理解しました☆ 
「私、アップルケーキ大好き!」的なことも、昔高校の音楽でならった
「イッヒ リーベ ディッヒ」を利用しまして。。。

「イッヒ リーベ アップル クーヘン」とか言ってみました。
お兄様、温かく笑ってくださいました。(有難い)

その後はCaernafon Castleへ移動。
DSCN0714.jpg
30分も離れていない距離なのに、こんなに晴れていました。

別れ際、お兄様、私の目を見つめ
「次はドイツへいらっしゃい」と、勿論、ドイツ語で言ってくれました。
「Dankeshane」と答えました☆

more...

line

ページ探し

お気に入り 

最近のトラックバック

只今の時刻

line
プロフィール

tama

Author:tama
なんだか、最近、
仕事のほうは力抜いて
やっていこうかなあ
と言う気分です。
(手抜きじゃあないです)

line
リンク
line
カウンター
line
最近の記事
line
最近のコメント
line
カレンダー
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
コメント別
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。